レモングラスのブログ

編み物、コーヒー、手紙、日々のつれづれなど

新橋色をタミヤる

文通しているお友達から、お誕生日プレゼントをいただきました。
なんと、あんなに欲しかった色彩雫の新橋色の小瓶と、素敵な柄のマスキングテープです。

新橋色の小瓶は、タミヤの塗料用の小瓶で、インクのおすそ分けなどするのを「タミヤる」と言われています。この小瓶(ガラス製)は塗料用なので気密性が高く、インクの保管に最適かもです。
新橋色は色彩雫の限定色でたしか昨年の秋か冬頃に発売されました。もうすでに市場には出回っていない様子。入手できません。


すっごくうれしいです。どうもありがとうございました。
ラベルシールまでお手製で。
さっそく天色の入っているカスタム74を洗浄しています。
早くお手紙が書きたいです。
今ちょうど書きかけのお手紙があるので書き直しちゃおうかな。

万年筆の洗浄について、以前パイロットのペンクリニックでペンドクターさんから言われたのは、同じメーカーのインクに入れ替えるのならそんなに神経質にならなくていいんですよ、ということ。
メーカーも多少の混色は考えて作ってあるそうです。

 

インクとマスキングテープ

 

じゃあ、じゃあ、もうこの辺で新橋色を入れてみましょう。
どんな感じでしょう。
洗浄したばかりだから水分を含んでいるせいか少し淡い色でしょうか。
そのうち放っておくと濃くなりますね。
きれいな水色です。

 

新橋色とマスキングテープのお披露目

 

早速これからお手紙を書こうと思います。

用紙は何にしようかな。

素材選びの時間はとても楽しいです。

 

 

 

アイスノンソフトで快適快眠。

おととい、あまりに寝苦しくて、ネットで睡眠について検索中にアイスノンがいいと言うことを知りました。

 

アイスノンソフト


そこでさっそく購入。アイスノンソフト(固くならず柔らかいタイプ)。
たしかに柔らかくふにふにしています。
説明書きには、冷凍室で平らにして12時間以上冷やすとあったので早速冷凍室へ。


そして夜、冷え冷えのアイスノンを取り出しました。
タオルでくるんで使うとあったので、さっそくタオルでくるくる。。
枕の上に載せて寝てみました。

 

一部凍って固くなっているところがあったせいか
(説明書きには、そのようなときには室温でしばらく放置するとありますが、無視してしまいました)
ひえーーー、つ、冷たい。


そこでタオルをもう1枚巻きました。
まだちょっと冷たいかな、でもまあ慣れるでしょう。
ごろごろしてタブレットでネットなどしてるうちにちょうどいい冷たさになってきました。

ということで一晩。

途中で目覚めることもなく、朝までぐっすりでした。

「冷たさ長持ち10時間」というキャッチコピーの通り
アイスノンの冷たさは朝でもまだ心地よく続いています。
快適ですーー。起きるのがもったいないくらい。

でもまあ用事もあったのでさっさと起きました。

これはなかなかいいものを知りました。
今日も暑くなりそうで、なにやら梅雨明けしそうだとか言うので夜もまた暑くなるでしょう。でもアイスノンがあれば快適快眠です。

 

 

 

寝苦しい夜でした。

暑い。
なかなか眠れず、1時間おきくらいに目が覚めていました。
結局2:30頃に起きてしまいました。

眠れないイラスト
うちのエアコンは古くて、いよいよ効き目がなくなってきました。
それと、我が家には老犬がいてあまり冷やせないのです。
体調をすぐくずしてしまうから。
で、私はちょっとぷっくり体型なので、体温が高い^o^;
旦那はやせていて、冷え性。

扇風機を回して温風?を浴びながらなんとかしのいでいます。

眠りにつくと、人は体温が徐々に下がるそうです。
そのため、眠りにつきやすくするためには体温を下げる状態に持っていくといいそうで、寝る前ににぬるめのお風呂に入るのがいいそうです。
あと、頭を冷やしてもいいそうです。
アイスノン(今もあるのかな?)を枕にしいて寝るとか。

アイスノン、グーグル先生に聞いてみましたが、今でもあるんですね。
熱があるとき以外でも、寝苦しい夜などにいいらしいです。
今はソフトタイプがあるんですね。固くならない柔らかい。
これなら枕にしけますね。タオルにくるんで使うのだそうです。
試してみたいと思います。

 

Copyright (C) 2003-2017 レモングラスのブログ